news111109 of 林光寺(浄土真宗東本願寺派|茨城県水戸市)

報恩講

謹啓 浄土真宗で最も大切な行事と言えば、報恩講です。
阿弥陀佛の本願によって救われると説いた宗祖親鸞聖人への報恩感謝を表します。
今年も11月13日、当寺院では水戸の浄土真宗諸派のご住職に出仕して頂き、おごそかに法要を勤めました。
また法要の後には、尺八・箏の師匠をお招きして、震災追悼の演奏会も開催しました。

来年も今年同様に、11月13日に報恩講を開きます。椅子席もございますので、正座に自信のない方も、ご安心の上、是非一度お越しください。 合掌

1.日時

  • 11月13日(日)
    • 午後1時 報恩講
    • 午後2時 尺八・箏 演奏
      • 尺八 横田鈴王虎(王と虎で一字) 師匠
      • 箏   岩立美佐子 師匠

2.場所

  • 林光寺 本堂

3.報恩講差定

  • 先 出仕
  • 次 総礼
  • 次 伽陀(先請弥陀)
  •    登高座(伽陀中)
  • 次 表白文
  •    下高座
  • 次 正信偈(真四句目下)
  • 次 念仏和讃(五淘)
  •    和讃 三朝浄土の大師等
  •          次第三首
  • 次 回向(願似此功徳)
  • 次 総礼
  • 次 退出

以 上

浄土真宗東本願寺派 
華輪山林光寺

IMG_2036.JPG